隣には、あなたが―ベーチェット病により19歳で失明したぼくと誘導者の方々― (1巻) | 菱沼亮

隣には、あなたが―ベーチェット病により19歳で失明したぼくと誘導者の方々― (1巻)



菱沼亮

自然の中で遊びまわり、サッカーに夢中になっていた少年。中学2年生のときに突如、目に違和感を覚え、大学病院へ行くと、医師から「ベーチェット病」であることを告げられる。さらに、「将来、失明するだろう」という宣告。そして、19歳で両目を失明――。失明するま,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア