さだまさし 旅のさなかに(新潮文庫) (1巻) | さだまさし

さだまさし 旅のさなかに(新潮文庫) (1巻)



さだまさし

愛をみつめ、時の流れをみつめ、人の心に語りかける吟遊詩人さだまさしが、より大きくなった――。父母ゆかりの地、中国・揚子江流域を訪れて得た感動を歌った「生生流転」をはじめ、恩師・宮崎康平の死を悼む「邪馬臺」、「心にスニーカーをはいて」「しあわせについて」など,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア