死してなお踊れ (1巻) | 栗原康

死してなお踊れ (1巻)



栗原康

行くぜ極楽、何度でも。家も土地も財産も、奥さんも子どもも、ぜんぶ捨てて一遍はなぜ踊り狂ったのか。他力の極みを生きた信仰の軌跡を踊りはねる文体で蘇らせて、未来をひらく絶後の評伝。

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア