朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作 (1巻) | 江崎道朗

朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作 (1巻)



江崎道朗

日本人の多くは、朝鮮戦争に関してわが国は傍観者だったと思っている。だが、実は当時の日本国内には共産革命の司令塔・極東コミンフォルムによる「武装闘争」指令が下っていた。わが国は戦争と革命の波に巻き込まれていたのだ。GHQ、トルーマン、スターリン、毛沢東らは日,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア