南極あすか新聞1987 (1巻) | 高木知敬

南極あすか新聞1987 (1巻)



高木知敬

今や幻となった日本第3の南極観測基地「あすか」。1987年、強風吹きまくる‘嵐の大地’で初の越冬観測を行った8人の男たちの暮らしぶりを、日々生々しく伝えたのが、基地内日刊紙「南極あすか新聞」だった。公式の越冬報告だけでは伝えきれないあすか隊の全記録が、3,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア