小説 龍馬 いま (1巻) | 原子修

小説 龍馬 いま (1巻)



原子修

詩人・原子修が現代人に贈る‘新しい龍馬像’。生涯を「平和の業による世直し」への理想で貫いた龍馬の〈奇跡〉のいわれを尋ねあてようとさまよう私に、姿なき龍馬が、声なき声で語りかける。

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア