神の名ヤハウェと終末信仰 (4巻) | 名木田薫

神の名ヤハウェと終末信仰 (4巻)



名木田薫

神の名とは人が妄りに唱えるものではなく、隔絶して高い存在であるので控えねばならない。一方、終末はそちらから世へと近づき、その時は主なる神が専決する。そして心は、神的領域とも接触することとなる。

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア