経済「合理」化 (5巻) | 名木田薫

経済「合理」化 (5巻)



名木田薫

社会生活では、良心の判断と一体の個の主体性が大切であるとの立場で、政経分離に徹し、競争原理が働くように農協、電力などの民営化の徹底と新聞界では過当競争と一体の戸別配達はやめ、労使双方は他に依存せず自身の意見を持つよう提示する。

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア