信仰詩想 II 主題 人なる生命 (7巻) | 名木田薫

信仰詩想 II 主題 人なる生命 (7巻)



名木田薫

人には良心があり、悔いたり、神を呪ったりする。死後はどうなるのか。自然から人格は生まれるのか。死、病気は人をイエス信へ向けるのか等について詩作した。

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア