無碍即良心へ―キリスト信仰― (14巻) | 名木田薫

無碍即良心へ―キリスト信仰― (14巻)



名木田薫

研究と実践とは、どうかかわるのかを問う。孤独こそが自己使命感を各人に構成させるのか。もっとも権威主義は本体欠如となり、「宗教」でもない。ヒとは良心に立ち返って、そこから出発することが肝要である。

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア